So-net無料ブログ作成
イタリア語 ブログトップ

ナウシーカ [イタリア語]

ぜんぜんイタリア語の作文の宿題をしない悪い子、
ユカです(爆)

エルネスト先生、いつもごめんなさい。
↑↑あんまり反省してないけど・・・ヒドイ


宿題は前の日まで小学生のように
ぐずぐずやらないのが常のワタクシですが


イタリア語の動画を見るのは結構好きデス。

そこでナウシカの動画を見つけました。

子供のときおそらく100回じゃきかないくらい見た。
から、難しい単語もわかんなくても意味がなんとなくわかる。

・・・・・というよりほとんどせりふ覚えてる(爆)
それでも見ないよりはいいとエルネストは言ってくれたので
みんなも見てね。


吹き替えがかなりイケテます[黒ハート]

NAUSICAA

Watch [Anime - ITA] - Hayao Miyazaki - Nausicaa della valle del vento.avi in Cartoon??|??View More Free Videos Online at Veoh.com


Cai!Cui!! Ricordate di me!!
カイ!クイ!私のこと覚えてる!?
ダウンロード (5).jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ペルゴレージのアリア [イタリア語]

笛友のリベロ(御年70歳)からイタリア語の宿題が出てます。。。。。

ペルゴレージのオペラ「オリンピアーデ」のアリアの感想をイタリア語で書くようにと。。。。

つ、つらい。。。


ちなみにこの美しい曲です。




ちなみに歌詞はざっくり訳すと(っていうか訳されてんのか?)

Mentre dormi amor fomenti
il piacer de’ sonni tuoi
con l’idea del mio piacer.
あなたが眠っているあいだに 愛があなたの夢という幸せを育てる
私の幸せとともに

Abbia il rio passi più lenti;
e sospenda i moti suoi
ogni zeffiro leggier.
小さい運河(ベネチアをイメージして~)は緩やかに流れ
そして 優しい風が吹くごとに あなたの動き(体なのか?気持ちなのかわからん)を 停滞させる。。。。



ちなみに
【オリンピーアデ あらすじ】
古代ギリシャのシキオン。

当地の支配者クリステネはオリンピックの試合を催し、
その優勝者に褒美として娘アリステアとの結婚を認めることにしている。

アステリアはアテネ人メガークレと相思相愛の仲だったが、
クリステネは二人の仲を認めなかった。

一方、クレタでメガークレを暴漢から救ったリチーダは、
メガークレに自分の名で試合に出場してほしいと頼み、
優勝の褒美が恋人とは思ってもいなかったメガークレはこれに応じる。

リチーダはクレタの王女アルジェーネという婚約者がいたのだが、
彼女の父王に結婚を反対されてしまい、
結果アルジェーネは行方不明になってしまった。

実はアルジェーネは羊飼いの娘リコーリと偽り、
やはりシキオンにやって来る。

リチーダとして優勝したメガークレは、絶望してアステリアに真実を告げる。
事が発覚しリチーダは捕らえられる。

アリステアとメガークレはそれぞれ自殺を図るが失敗。

リチーダを助けるため、正体を明かしたアルジェーネがリチーダからの贈り物をクリステネ示すと、
リチーダは幼い頃に捨てられたクリステネの息子と判明。

クリステネは全てを許し、リチーダとアルジェーネ、そしてメガークレとアリステアが結ばれる
(HMV)

なんのこっちゃという内容ですが当時大流行し
ヴィヴァルディほか何人もがこのオペラに
曲を書いています。


っていうか、むずいよ====!!!!リベロ===!!!

イタリア語の本。 [イタリア語]

笛友のリベロがebookを送ってくれました。

image-20130203190054.png

Andrea Camilleriアンドレア・カミッレーリのla finestra sul cortile。
直訳すると中庭に面した窓。
ヒッチコックの裏庭へのオマージュ作品です。

大変そうだけど、小さいチャプターに別れてて
12個くらいだから、頑張れなくもないかな。。。

いや、頑張れ、オレ!
。。。


読み終わったら寿司食べに行こう。。

イタリア語の基礎のコースが終わった!? [イタリア語]

わたくしごとでごじゃりまするが、
通っていたイタリア文化会館の基礎コース、
http://www.iictokyo.com/
4年近く通ってようやく終了いたしました(汗)。

終了証もらっちゃったよ(冷や汗)
IMG_5183.JPG


げにおそろしい。。。。。。

Espressoという恐ろしく重たい教科書、
三冊目までやり遂げましたよ。。。
image-20120912175252.png



一応ざっくり文法はやり遂げたそうですが
3週間前に習ったことは覚えておりません(←おバカ)

つづけて来月からも毎週通うことにしました。
(そりゃそうだ)

先生が賢く、くじけないで教えてくれるからでしょう!
なんせこの間は授業中に平気で
「聞いてませんでした。」
「この話は頭に入ってきませんでした。」
などといっておりましたからね(爆)
一応イタリア語ではありましたが(←ひどい)

一人で勉強のやれない私なので通わないと200%勉強しませんからね。

これでペラペラになれる日が来るのを夢見て((爆))

一応、頑張った・・・のかな?
Ernesto(←先生)、お荷物でも頑張るかも~!

タグ:イタリア語
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
イタリア語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。