So-net無料ブログ作成
魔女の宅急便のパイ ブログトップ

魔女の宅急便のパイ 完成まで [魔女の宅急便のパイ]

なくてもいいですが、
今回はベーコンを足しました。

わかりやすい味になります。

北欧はハム製品もよく食べると思います。
なので、ベーコンじゃなくてハムでもいいし、
入れなくてもいいし。

おうちに余っているもので結構デス


それでは
型ににんにくをこすって
iphone/image-20131211133447.png

バターを塗って
iphone/image-20131211133511.png


かぼちゃ→ニシン→オレガノとベーコン
iphone/image-20131211133833.png

かぼちゃ→ニシン→オレガノベーコン
iphone/image-20131211133918.png



この上にパイで蓋をします。
iphone/image-20131211133948.png



170度にあたためたオーブンで
こんがりするまでじっくり焼きます。
iphone/image-20131211163924.png


こんがり[黒ハート]

出来上がりです。

さっそくいただきましょう!

ザクッ
iphone/image-20131211163941.png


すくうとこんな感じ。
iphone/image-20131211163959.png


かぼちゃの甘さとさっぱりさに
ニシンのマリネとベーコン、
パイのコクが渾然一体となっております。

思っているよりすっぱくないよ[黒ハート]

マリネ自身が甘めだし、
青魚のマリネはバターと相性最高!

しまった旨味に変身デス

美味しかったので魚の絵にするかどうかは別にして
またつくりたい、
いい料理でした。

ニシンのパイなんて、ダサイ、という若いこの気持ちもわかんなくもないけれど
20120718_majonotakkyuubin_06.jpg

おばあさんのお得意の味、
美味しかったデス。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

魔女の宅急便のパイの組み立て 1 [魔女の宅急便のパイ]

ニシンのマリネが出来ましたら
(作り方は前回、前々回参照)
いよいよパイの組み立てデス。

マリネはいい感じでしょうか。

image-20131211132504.png

ちょっぴり食べてみます[るんるん]
image-20131211132538.png

ウマ!
なれた旨味とスパイス、シェリービネガーのかおりが
少し燻製のような香りに。
ちょっと珍味っぽい。

甘さとビネガーが
ニシンの旨味をおしあげる感じ!

このままでも相当美味しかったので
また次回もつくることにします。

さて、フィリングの部分を作ります。
カボチャですね。

北欧は前にも書いたように
シンプルな調理が多いように思います。

ので、玉ねぎとにんにく少しフレッシュ感が残るようにいためて

image-20131211132954.png

カボチャ投入。
ふたして少量の水で蒸し煮にします。

image-20131211133102.png

これをこのまま柔らかくなるまで10分くらい。
水分少なめなので焦げに注意デス

image-20131211133206.png
へらでざっくり潰して
軽く塩コショウして
これをフィリングとします。


ニシンのマリネ その後 [魔女の宅急便のパイ]

さて、次の日、塩漬けニシンはこんな感じになってマス。

image-20131209164644.png

カピカピですね。
これをひたひたの水を注いで
塩抜きを穏やかにします。
4時間くらいしたかな。

するとこんな感じ。


ちょっと端っこ食べてみると
かなりなれた味で旨味がかなりきます。
image-20131209165054.png
6ヶ月も熟成させたらさぞや美味しいのでしょう。

これを酢漬けします。
マリネ液は一晩で漬けるので濃いめ設定です。
シェリービネガー:赤ワインビネガー:水が1:1:1くらい。

魔女の宅急便は北欧ストックホルムが舞台なので
甘めのマリネ液にします。
三温糖とエシャロット、生姜の薄切り、
マスタードシード、クローブで
軽く沸かして冷ましておいた液に着けます。

image-20131209165544.png

ここまでで前日までの仕込みですね。

魔女の宅急便の時代設定からは
冷蔵技術をあまり期待できません。

おそらく、塩漬けのニシンをおばあさんは買ってきて、
ご自慢のマリネを何種類も甕に作っていたことでしょう。

パイへのくみたてへと続きます。




忘年会 [魔女の宅急便のパイ]

今度の日曜日は忘年会デス。

とりあえず!

不必要に忘年会に
魔女の宅急便のかぼちゃとニシンのパイを作ろうと思っています。
img_949526_32334379_1.jpg

(そんなことよりクリスマスメニューを・・・・とか言ってはダメデス。)
(やってるよ~・・・・決まらんので気分転換)

ちらと調べた感じでは
ストックホルムの設定になっているようデス。

ニシンはおそらくマリネが一般的に
愛されている食べ方と考えられます。

もちろんフレッシュから調理もしますが
当時は冷蔵技術も低いでしょうし、
おうちでもマリネしてストックしていたのでないでしょうか。

ニシンは悪くなりやすいですからね。

で、ニシン。
iphone/image-20131206172359.png


本当は内臓つきで塩漬け後
塩水着けで6ヶ月ほど寝かせると
旨味が増えておいしいそうです。
iphone/image-20131206172446.png


でももうあさってだからそれは無理なので
(思いたっったが吉日?あ、いや、違うか)
内臓もとってがっつり中も塩します。
iphone/image-20131206172432.png
iphone/image-20131206172421.png


ラップに来るんでビニール袋で明日までマリネ。
エライ短縮ですがいいとしましょう。

エシャロットやスパイスを効かせた
甘めのマリネ液に明日投入予定デス。
(だから時間が短いことはつっこまないで)

ネットで作った人のを見ると
ベシャメルを使う人が多いのですが
北欧料理は私の中ではシンプルな味わいのものが
多いような気がします。

なのでシンプルにかぼちゃと玉ねぎで
中身を作ろうとおもっています。

あ、パイは頑張らないよ。
市販のにする・・・・・。

そして
こんな記事のっけてやりきらなかったらどうしよう((笑)


さ、クリスマスメニューもまだ悩みます・・・・。。。。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
魔女の宅急便のパイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。