So-net無料ブログ作成
2015Italia ブログトップ

すぐ裏のとおりのLiberano & Liberano [2015Italia]

とまったB&B Casa Corsiのすぐ裏のとおりに
超!!高級テーラーLiberano & Liberanoがありました。

そんなすぐ裏のややさびれたほっそい、とおりにあるなんて
思いもよらなかったのですが
ついつい写真を撮ってしまいました。

image.jpeg


遠くから見ると結構細身に見えるんだけれど

image.jpeg


近くで見るとそうでもない!
おしゃれ!!かわいい!!

緑のネクタイと赤のストライプのシャツ、
茶色のカーディガンにグレーが買った茶色のジャケット!!

各々は割とシンプルでイケイケじゃないのにこのおしゃれさ!!
なんとお値段?4000~!!プライスレス!!


でも外からチラ見するだけでもとっても素敵でした。

前に峯竜太がでてたのでここのおじいちゃま、
Antonio Liberanoさんのお話を聞いて何回も涙しちゃいました。

AS 峰竜太/イタリア・フィレンツェ 投稿者 karizmadentist

後半18分ころからのトラットリア(食堂)といってもソスタンツァは結構値段高め設定ですが
でのアントニオ リベラーノさんの職人の話は何度でも泣けます。。。。

くっ、チラっと見てまだ涙ぐんじゃうよ・・・。
http://liverano.com/it/
リベラーノさんのHP↑↑

liberano.png

ちなみに散歩のあと夕飯はこのtorattoria sostanzaへいきます。
sostanzaはイタリア語で本質という意味。

とってもおいしかったよ~~~~~
それはまたお散歩の後のちほど・・・[黒ハート]

firenze一日目 [2015Italia]

さてさて、チェックインを済ませた我々は
KLMがくれたミールチケット??くーぽん??でアムステルダムで購入した
モエを引っ掛けてからお昼ごはんに向かうことにしました。

image.jpeg


ぐだぐだ・・・・・。
image.jpeg


ああ~本当にフィレンツェこれてよかったね~

とりあえずお昼を食べにMercato Centraleへ。

外はいい天気だ!
image.jpeg


mercato centaraleへ.png


この地図を見ても分かるとおり、↑↑ほんとに駅近でしょ??

ダニエレ先生も言っていたけれどフィレンツェは
時々暑過ぎて時々寒すぎる感じです。

もちろん天気予報はばっちり見ていったんだけど
http://www.ilmeteo.it/meteo/Firenze イタリア語で検索するなら都市の名前のあとにtempoって入れてぐぐってくだされ。 フィレンツェの天気なら firenze tempoって感じで。結構細かく出ます。
実際の体感はもっと暑くてもっと寒い!!
焦げる!!
日焼け止めとサングラスと帽子を持ってこなかったことを後悔・・・・・・。

もう涼しくていらないだろ、と思った私、すぐに顔が真っ赤になりました(爆)

とりあえず夕飯は21時に予約してます!!相当量食べる予定!
だから2時ごろまでに簡易に済ませておきたい。
だがしかし中途半端な機内食と空港内での野菜不足解消のためのへんちくりんサラダとか合わせると
飛行機パリ組(36時間以上身体を水平にさせてないとも言う)は本日9食目だとか言ってた(爆)
・・・・。

どっから本日??うわ~んかわいそうに!!
夕飯はおいしいし、今夜は横になって寝れるよ~~~~!!!(号泣)


というわけで中央市場mercato centraleへ
http://www.mercatocentrale.it/

mercato centraleの周りは屋台の出店がいっぱい。
かきわけかきわけ人ごみを歩きます。

ビビリー大王なオレ様はリュックを抱っこして歩く。。。
「カワーー!! ステキナカワノベルトアルヨーー!!」的なイタリア人の売り言葉。
「ミテッテーー!!」
に対してあ~はいはい、いらない~の我々に
日本人てフィレンツェ=革製品じゃないの?となってたな(笑)

さて、お昼デス。
当然一階のメルカート部分は2時回っていてすっかり終了モード。。。
もしやってたらお土産買おうと思ったんだけどな~

そのまま2階のお食事部分へ。

ちゃんと調べてけばよかったんだけど
数年前に言った記憶でぼんやり老舗トリッパ屋さんnerboneに行きたかったんだけど
建物2つか3つくらいに分かれてるみたいで間違えちゃった。
http://www.mercatocentrale.it/tour-virtuale/
↑↑こっからそのヴァーチャルツアー行けます。

観光客とか向けの新しい2階フロアに行きました。
mercato centrale.png


写真の先のビール屋さん超ウマし!
image.jpeg

これはシチリアのビール。軽くてフルーティーでサッパリめでおいしかった!

イタリアのビールってまずいあまりおいしくないと思ってたのにビツクリ!!
最近新しい造り手が増えてるとは知ってましたがおいしかったです~。
他のも飲んでみたかったけど、疲れてたな~

あとはぐるぐる回って買い食いデス。
Tartare di manzo con parmigiano leggiano牛肉のタルタル パルミジャーノ添え
image.jpeg


firitti di coglinio ウサギの唐揚げ
capaccio di manzo牛肉のカルパッチョ サラダ添え
image.jpeg


肉食いすぎ(笑)

この中は他にもトリュフ料理屋さんとかベジタリアン向けハンバーガー??フォッカッチャショップとか
料理教室やトリッパ屋さん、魚・・・はやや臭ってた日本人的に・・・・。
それから料理の本屋さんもあって案外混んでなくてのんびり出来マスル。

さて、ここからぶらりお散歩しますか!

フィレンツエの宿B&B casa corsi [2015Italia]

皆さんは宿、どうやって決めますか?
吾輩は絶対駅近!エレベーター!
だってスーツケース持って移動やだもん

あとは夕飯はどうせどっかレストラン行くので
最近はB&Bが好きでござる

Bed & Breakfast!! これでいいじゃないか!安いし、かわいいし!
ただしレセプションがない個人経営も多いので
何時頃着きます、とか着いたら電話してねとかやり取りする必要があります。
あと風呂とかキッチンは共同の場合があります。
キッチンがあるのは市場やスーパーで買い物してご飯済ます人にもいいかもね。
あとたいがい英語通じます
ワタクシは英語ダメだけどね

今回選んだのはフィレンツエ サンタ・マリア?ノヴェッラ駅近Casa Corsiデス


駅から500mくらい。

フィレンツエ駅前の石畳はかなりガタガタで
その昔はスーツケースの車部分を壊すことで有名なほど(笑)
だから駅前の出店?みたいなのでスーツケース売ってマス(笑)
image.jpeg
昔は工事中の脇とか通るの怖かったけど、なんかフィレンツエ意外と安全になったなぁーなんて思った。

ここの家主さんはロベルタ・コルシさん。
image.jpeg
困り眉毛でちょとおっちょこちょい
やさしいおばあちゃまデス
手が包帯で巻かれてるからどうしたのか聞いたら
缶の蓋で切っちゃったんだって(冷汗)
げにおそろしい。。。
ここはロベルタさんの知り合いが元々持っていたお家を
彼女が定年後購入したおうち。
壁はフィレンツエの真ん中を通るアルノ川の石を使って作られた古いおうち。
image.jpeg
中庭の壁や石畳のグレーの石はこの辺の石なんだって。
image.jpeg
メールでやり取りしてても
非常に丁寧で親切、文章も始終丁寧語。
恐縮デス。。
アムステルダムから約束した11時にフィレンツエ駅に着かないことの連絡をなかなかうまく取れなくて
結局g-mailとFacebookでメッセージ送りました。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
中庭の向こうはロベルタさんち。
共有のキッチンと
image.jpeg
共有のトイレ。
image.jpeg
この廊下沿いに各お部屋が並んでいます。
image.jpeg
ダブルの部屋が3つ。うち一つはバストイレ付き。
ワタクシは一人なので紫色のお部屋。
image.jpegimage.jpeg
image.jpeg
部屋の窓はお隣が見える??
image.jpeg


鍵は部屋の鍵、この建物中のcasa corsiの鍵、
image.jpeg
この建物の入り口の鍵と3本もらいます。

13時過ぎ、ロベルタにエスプレッソ淹れていただいて、
チェックインして、またーり。
鍵の説明を受け、
この各々のドアに付いてる鍵を使ってねという話ですが、
ものすごくオロオロしているロベルタ。
なにやら何回も電話をかけているのに相手が出ないようです。

ワタクシの部屋の鍵が朝から壊れてるんで修理頼んでるんだけど、
夕方までにはなおしとくから?とのこと。
お孫ちゃんを迎えに行かねばならぬ時間がロベルタに差し迫ります。

と、ここで、ワタクシの隣の部屋の一緒に旅行しているワン様が
「ところでゆかちゃん、僕たちの部屋の鍵がないんだけど」と。
なにー?ロベルタ、ロベルタ隣の部屋の鍵がないんだけど、というと
ロベルタおばあちゃま、アッ!ってなった(笑)

やだもう、私ったらおっちょこちょいなんだからと引き出しをガサガサ。
私の部屋の故障していると思ってた鍵は隣の部屋の鍵でした(笑)
私のは新しくくれて無事解決(笑)

壊れたんじゃなくて良かったね。ロベルタおばあちゃま。


飛行機のトラブルでの対処法と返金請求 [2015Italia]

さてさて、行きの飛行機に36時間もかかってフィレンツェに着いた私たち(爆)
帰りの直行便の10時間の早いこと速いこと!

KLMオランダ航空への
泊まれなかったホテルや、追加料金として払っていた足元の広い席代金、
通信料やfreccia rossaの交通費を返金請求します。

いただいたカスタマーセンターへの請求書。
image.jpeg


おーyesこんなちっちゃい紙には書ききれないので
A4何枚にもなりましたが

ここへは今後同じように海外旅行される方のためにも
自分の備忘録としても飛行機がダメになったときの対処法を書いておきます。

まず、どんな航空会社でも最近はネットでアーリーチェックインが出来るようになっています。
必ず携帯電話のアドレスを登録して
24時間前にチェックイン。
何かあったらすぐ手元にメールで連絡が来るようにしておくべきデス。

ただしネットでチェックインしていたら優先的にいい飛行機を薦めてくれるとも限りませんが
情報がいち早く手元に届くことがまず第一デス。 なかには24時間前にチェックインしたのに2日後の飛行機を薦められたという人もいました(涙) かわいそすぎる・・・


それから家に帰ってきて荷物の不備などがないか確認するまで
どんなものも(たとえば通信費や別にかかった移動費の)領収書やeチケット、
使用済み搭乗券や半券を必ず捨てずにとっておくこと。

これがないと返金の対象にさえならないかもデス。コワイ。

それからチェックイン・カウンターでのやり取り時の注意。

まず絶対に大きな声出したりしないこと!
騒ぐお客様は基本的にビジネスとかにはアップグレードしてくれません(笑)
他の方へメーワクだからね。

それから絶対に振り替えまたは遅れている飛行機の搭乗券、
航空会社のeチケットが出るまではカウンターを死んでも離れないことデス!!

つい「あちらで対処します。」
「○○時にもう一度きてください。」等々
そういわれるとそうかな~なんて思ってしまうもの。

絶対に確実な発券以外はその場を離れてはいけません!

代わりに薦める飛行機のメモや口頭での約束、
バウチャー券の引き換えになります~なんてメモは絶対に通用しません。
 
発券されるまでは死んでも!
カウンターを離れない!

必ず請求する所の封書をもらうこと、デス

36時間を経てフィレンツェとうちゃーく!! [2015Italia]

ほんとは20日の日の夜、ミラノ リナーテ空港近くのホテル泊
→freccia rossa(新幹線的なもの)でフィレンツェに21日朝11時ごろ着予定だったのが

成田→アムステルダム4時間半遅れ深夜着→アムステルダム泊早朝ホテル出発 →アムステルダム→フィレンツェまたは
成田→羽田(笑)→パリ(朝4時)→アムステルダム(9時)→フィレンツェか。。
航路.png


遠かった(爆)イタリア。。

トスカーナの町並みが飛行機内から見えたときには
image.jpeg

ほんとに良かったと思った・・・・。。(涙)

そしてフィレンツェ ペレトラ空港に着きました。ほっ。
image.jpeg


案外民家のすぐ上を、近くを通って結構びっくりしましたが。

ここからはフィレンツェ Santa Maria Novella駅までシャトルバスで向います。

到着ゲートから外に出て、ゲートを背にして一番右端のバス。
確か6€。運転手さんに払って乗ります。

アムスのホテルから泊まる予定だったB&B Casa Corsiに
飛行機が遅れている旨をメールしておきましたが
一応電話。vodafoneITつながらない(笑)

「なんの心配しなくていいわよ、待ってるわ」とのこと。
ロベルタおばあちゃんやさしすぎる(号泣)
いろいろと・・・やさしさに飢えてた・・・・・

さてさてようやくイタリアに向かう話・・・・。 [2015Italia]

イタリア旅行まだイタリアに着かない話です(爆)

なんとかアムステルダムでホテルにチェックインできたワタクシ。
深夜一時半過ぎデスヨ、チェックイン。

ここに車でのバス停でもオランダ人を含めた多国籍会議(笑)

そして一時間に一度しか空港行きのシャトルバスがないので
朝6時に出発デス。

まっくら着のまっくら出発でしたが
アムステルダムの町はかわいかったデス。

3匹の子豚に出てきそうな煉瓦のおうち。
平屋か2階建てまで。

土地が平らで広いからか、窓も大きめ。
image.jpeg


運河沿いのマンション?では自家用ボートを駐車場のように並べているところもありました。

とりあえずほぼ寝ないまま、出発です。
あ、このあと何があってもいいようにパンツは洗っときました(笑)
成田での事件があるので心配ですからね、早めにチェックインです。

パリ組みのためにも登場口など前もって確認!
LINEで連絡!
それにしてもそもそもあえるのか心配デス。
まったくKLMを信用できない・・・。
二転三転、存在しない飛行機のチケットを用意されたりしましたからね。
ホテルのバウチャーだって、バスだって雑だよ!


編むテルダム空港はチューリップお土産いっぱい売っててかわいいデス。
image.jpeg



球根や
image.jpeg


種もたっぷり!!
image.jpeg
image.jpeg


ハーブの種すこし購入。もちろん持ち込みOKデス。

チューリップ専用の花瓶。
image.jpeg



機内食であまりにも野菜とか不足しているのでサラダ購入。
怒りすぎてビタミン欠乏??
image.jpeg


オランダでも健康志向高まっているらしく
案外男性でも人参とオレンジジュースとか、ほうれん草とリンゴジュースとか
そこそこ高いのにみんな結構買っててビツクリ。

お腹冷やすとごろ~りな私はふつうにカフェラテとサラダ。

ちょうど砂糖とかスプーンの置いてあるわきだったので
なんとなく見てたら
20人弱のお客さん全部ステビアの砂糖は取らないで普通の砂糖をいれてた。

いいことだ。
個人的には甘さがあるのにカロリーがないものを摂取しすぎるのは
脳みそに誤解を与えるのでよろしくないと思っているのですが

ふつうのあまいもののほうが安心。
オランダ人の意外な一面を見ました。

そういえば
空港でしか使えない(もしくはKLMのマイルにしかならない)クーポンを
一人10€分もらったんですが
image.jpeg

この仕打ちのお詫びが10ユーロかよ!!って話もあるけど
「お昼ご飯にでもしてください」っていわれたけどビール二杯飲んだら終わりじゃない(爆)
たまたまワタクシめが全員分預かっておりました。

どうせもう使えないならと思い切ってシャンパンを買おうかと。
したらモエも54ユーロとか!高ッ

何人かの店員さんに聞いてこのクーポン使えるのか確認したところ
レストラン内での使用のみ可とのこと。
これではみんなと呑めない・・・・。

のでレストランで67ユーロもする普通のテタンジェを購入して
友人を待つので開けないで下さいとお願いし、
そのまま搭乗口でみんなを待つ。。。

この間登場口が変わったりでそわそわしながらみんながアムスに到着したというLINE町!

そしてようやく登場15分前になって
成田→羽田→パリ(シャルル・ド・ゴール空港)→アムステルダム組みと合流!!

アムステルダムからフィレンツェ行き飛行機乗り換え40分で
心配だったけどあえてよかった!!!!
24時間ぶりの再会!!! ハグハグハグ!!!
本当に会えてよかった・・・。
すでに1週間ぶりの再開気分だよ。

なんとかフィレンツェに向かいます!

とりあえずアムステルダムでも雑な対応(笑) [2015Italia]

今Facebookみたらのんとろっぽ、
穴子とか私の好きなレタスシラスおしたしとかいいなぁ。。
image.jpegimage.png

いいなぁ。僕も美味しく幸せに安心したい。。



飛行機の中、怒りと安心と激しい疲れで帰って寝れず(爆)
年を取ったもんだ。。。
ワタクシの定番難しい折り紙しても眠くならず
むしろ一週間旅行したくらいの疲労困憊だ。
英語はぼんやり過ぎるボクは、無事明日の朝空港へ行けるのか心ぱいになりながら
というか、アムステルダムでホテルのバウチャー用意してますから現地係員に聞いてください(笑)って、
さっきまでのあれで信用ならん。
なんかそれを保証するせめて英語の紙をくれ(涙
アムステルダムへは飛行機は無事到着。
出口の現地係員に聞いて下さ?いって(爆)
出口の係員に食らいつくもこの紙切れ。
image.jpegimage.jpeg
この紙切れはホテルに泊まれるバウチャー(クーポン券)ではありませんね??
ホテルの名前も書いてないもんね。

これがバウチャーに、なりまーすって
んなわけないでしょ!

とりあえずこのA3-A9のホテルシャトルバス乗り場へ行って下さ?いって。

そこにまた係員がいるのかと思って
そこで待ってましたよ!


image.jpegimage.jpeg
したらどうも、出国する前にバウチャーがもらえるカウンターがあると
すごいかわいいハーフ?のこが教えてくれました。

何人かの日本人で連れ立って空港内へ。
言われた場所に行ってみるも、なにもない。誰もいない。

出国の脇の職員さんへ事情を説明し、どうやら出国ゲート前にあるらしいのでもう一度中に入らせてもらいました。
ハーフの子、ありがとう!

で、たーれも案内するひとおらず、隅から隅まで探したらKLMの人いて、
このサービスカウンターでバウチャー受け取ってくださいと。
(爆)
いや、もう、大破ですよ。

で、アメニティグッズはご入りようですかー?
いるさ!ホテルになかったら困るよ!

で、バウチャーもらい…はぁ、ため息出るよね。
指定されたバス停B14へ。

同じ境遇とおぼしき何人か。
15度寒い。

うち一人のトルコ人??かな?
戦国時代ファンで金沢行って来たんだって。
前田利家と加賀百万石についてオランダ人に熱く説明してた(笑)
えらい日本語ペラペラ(笑)

次のバスは23:27と書いてあるもそのバスはそのホテルシャトルバスじゃなかった。。。

やっぱり!A3-A9の先ほどのバス停、ホテルのシャトルバス専用バス停だったもんね!
また騙されたよ!!

と全員がうろたえた時、
バンが泊まりました。
泊まるホテルのバンです?よかった!

とりあえず8人まではこれで行けます。
シャトルバスこのバス停に来ますがずっとあとですとのこと。

女性からどうぞと乗せてもらいチェックインしました。。

image.jpegimage.jpeg
ポットある。。嬉しい。

アメニティグッズ、
image.jpeg風呂入って寝て、お茶飲んでフィレンツエ向かいます。
Tシャツとブラシ、デオドラント付き。



イタリアへ。。。行けない(爆) [2015Italia]

朝張り切って成田に向かったワタクシたち。
いきなりの大きな試練がまっちょりました。
飛行機到着4時間遅れデス。
image.jpeg

なんの説明も、チェックインすらさせてもらえないままただ並ばされる。。。
image.jpeg

早くにきていたので結構前の方なのに全く進まないチェックインカウンター。

ええええ、なんの説明もなく、説明を要求しても要領を得ず、
そりゃ揉めましたよ。

飛行機の不備で、まず、アムステルダムから激しく遅れて
しかも小さい飛行機になり、
予約でいっぱいなので
あなた方は乗れませんと。

ほほう、我々も予約しているのだが。
しかも二時間待たされただけ。

まぁ、振替便がシルバーウィークでないのよ。

明日以降の飛行機で、ってそれはナイよ!

ということでトルコ航空の深夜便も探してもらい、一応次の日の同じ便を予約し、
トルコ航空のカウンターが3時から
開かないのでまた
3時に、ここへ来てくださいと。

第三ターミナルで千景オススメのお寿司食べて時間つぶしです。

辰寿司さん
image.jpeg

小さめの握りで、握りなら鰯一個¥260くらいからマグロで¥600代。

〆ものも丁寧で、立ち食いなんだけど
軽くて品良く美味しい!

待たされた怒りと喉の渇きで
何個食べたんだろ??

とにかくすごい勢いで食べました。

そしてここはおつまみも充実

image.jpeg
ねぎまもしっとり[黒ハート]?

これで、3時からの戦いに備えました(爆)

もうイスタンブール、行ってカッパドキアワインでも買うぜ?と思ってました!



ちょとビール呑んで、何も食べてなかったお腹に寿司がようやく入って、
3時ぴったりにカウンター到着デス!
どうなのよ??


したらば、イスタンブール乗り換えはないし、
明日の同じ便など存在しないと言うのです。
は、何を言ってやがります。。。

さっきの話はなによ?
ちょとビールと寿司で戦意喪失してたのにドッカーーーンデスよ!

まず、案内した飛行機ないってなに?
なぜちゃんと連絡てないの??

いやー、さっきも怒りまくってたけど、そんなんじゃないくらいブチ切れた(笑)

長いくだりなのでそこは以下略にしますが、
わかりません、申し訳ありませんの一点張りなのですよ。マニュアルでしょうからね。

で。結局17時前に一人は元の遅れた17:50発のちっさい飛行機のキャンセル待ち。
他の4人は夜羽田からエールフランスでパリ→アムステルダム→フィレンツエになりました。

つまり4人はパリに朝4時とかについて、アムステルダムでギリフィレンツエ行きに乗り換え予定です。

ボクは一人乗り継ぎ便のないアムステルダムへ行ってホテル泊。
アムステルダムからはパリ組と同じKLMです。

って確認している間にボクのキャンセル待ち?がすぐに発券。
本当にキャンセル待ちだったのか。。あやしい。

二転三転どころじゃないテキトゥー度に勘ぐってしまう。。

ま、ですがそんな時間はありません。
ダッシュでチェックイン、出国手続き、我慢してたトイレ行って
搭乗でした!

乗れて良かった。。。

こども銀行券 [2015Italia]

もうすぐイタリアいってきマス。

ようやく子ども銀行券EUROおろして着ました。
image.jpg


何回見てもピン札はこども銀行券にしかみえない(爆)

むかしのフランスのフラン紙幣も星の王子様でかわいかったな~なんて思い出してみたり。

そして前回の残りの小銭みたらフランが3.5フランくらい残ってて
今でも使えるスイスフランであることをちょっぴり願う。。。(笑)
今の若者フランスのフランなんて知らないだろうな(笑)


旅行とかないとなかなか服飾品を買わないワタクシですが
今回はいい買い物しました!

食事に行く時用の小さい鞄が斜めがけに出来るの持ってなくて、
スリが心配で肩掛けか、斜めがけ、しかも高級じゃないやつがいいのです。

パスポートとか、ボーディングパスが折れずに入るやつがほしいほしい!!って思ってたけど
ボーディングパスが案外長いのでなかなか見つかりませんでしたが
コレがいい!!

image.jpg


長さ調節可能でかばんの口がぴらぴら空いてなくて
中にもちいさいチャック付きの所がある!
image.jpg


そして中に入っている青いのはのが何かのおまけで付いてきた
ボーディングパス入れ。何年も愛用(笑)
image.jpg


image.jpg


ほれほれ!ボーでぃんぐパス入れいれても折れない!
image.jpg


最高です~~~~[黒ハート]


コムサで買いました。
ベージュとか水色とかもありました~。
合皮なんで安い&濡れても平気~~♪



相当気に入ったので
こわれたらまた買いたいからずっと残してほしいな~

2015Italia ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。